広告

黒人男性同士の「不思議な挨拶」について

黒人男性同士の「不思議な挨拶」について

   アメリカ人の知人・友人・家族間の挨拶は、ハグやキス、そして握手が基本です。日本の挨拶とは全く違う文化ですよね。  実はこういった知人同士の挨拶とは別に、一般的には知られていない、黒人男性同士で行われる「挨拶」というものがあります。  黒人男性と国際結婚をし、アメリカ在住経験のある私が、黒人男性と一緒にい...

黒人は全員リズム感が抜群、ダンスが上手という噂は本当?

黒人は全員リズム感が抜群、ダンスが上手という噂は本当?

   黒人と言えばリズム感が抜群、そんなイメージはありませんか?黒人のダンスのセンスは、素人目から見ても本当に違いますよね!  そんな黒人のリズム感が本当に良いのかどうか、黒人と結婚をし、周りに黒人も多い環境の私が検証をしてみます。 《黒人のリズム感の良さ》  私は十代の頃からブラックミュージックにハマり、一...

日本と全然違うアメリカの小学校。ボランティアがテストの採点?

日本と全然違うアメリカの小学校。ボランティアがテストの採点?

   アメリカの小学校の様子を、1日のスケジュールを追いながら見てみましょう。地域や学校にもよりますが、朝は8時10分頃が始業時間です。児童のほとんどは親の車で、一部はスクールバス、そして少数が徒歩で学校にやってきます。  小学校は校庭も含めすべてフェンスで囲まれているので開門しないと校内には入れません。日本...

アメリカで「ピンク色の紙」を気軽に使ってはいけない理由とは

アメリカで「ピンク色の紙」を気軽に使ってはいけない理由とは

  寄付の文化がまるで違うアメリカ  アメリカは様々な場面で、寄付を求められたり、集めたりする機会がとても多いです。アメリカの特に私たちが住んでいたカリフォルニアでは、子どもの頃から道端で手作りのレモネードやクッキーを売ったり、寄付金集め(ファンドレイジング)を経験します。  特にこのクッキーやカップケーキ等...

アメリカ黒人男性と結婚した私が受ける、黒人女性からの嫉妬

アメリカ黒人男性と結婚した私が受ける、黒人女性からの嫉妬

   アメリカ人の黒人男性をパートナーとして持つ、”黒人以外の女性”なら、必ず何度かは経験すること。  それは、黒人女性からの痛烈な視線や嫌みの言葉。  今回は、アメリカ黒人男性と国際結婚した私(日本人)が経験した「黒人女性からの嫉妬」について、お話したいと思います。 《半端ない黒人女性の独占欲》  私がアメ...

アメリカ人医師の収入事情。医師になるまで3000万かかるアメリカ

アメリカ人医師の収入事情。医師になるまで3000万かかるアメリカ

   医師と言えば、日本でも収入が非常に良い職種として知られていますよね。  アメリカでも同様に医師と言えば、収入の良い職種です。ですが、アメリカの医師は日本の医師よりも随分と収入が多いのをご存知でしょうか?  元夫がアメリカで医師だった私が話す、アメリカ人医師の収入事情についてお話していきましょう。 《アメ...

アメリカ人男性が男子フィギュアスケートを嫌う理由とは

アメリカ人男性が男子フィギュアスケートを嫌う理由とは

   もうすぐ冬季オリンピックが開幕しますね。冬のオリンピックの花形競技といえば、フィギュアスケート。氷の上でクルクルとジャンプする姿はとても美しく、芸術的ですね。  フィギュアスケートとは、まさにアートとスポーツを兼ね備えた競技。  そんなフィギュアスケートの人気は、日本ではうなぎのぼり。浅田真央選手、羽生...

アメリカのお葬式ってどんな感じ?花柄の服で参列する人も

アメリカのお葬式ってどんな感じ?花柄の服で参列する人も

   私はアメリカでのお葬式に何度も参列していますが、最初の頃よく思ったのが「亡くなってからお葬式をするまでずいぶん時間がある」ということでした。  日本だと亡くなった翌日にお通夜、翌々日には告別式というケースがほとんどだと思うのですが・・・友引だとかその他の事情で遅れたとしても亡くなった4日後くらいまでには...

国際結婚する日本人女性はブスが多いって本当?国際結婚した私が解説

国際結婚する日本人女性はブスが多いって本当?国際結婚した私が解説

   このお題、さすがに面と向かって言う人には会ったことがないのですがネットで非常によく目にする質問というか話題なのです。私自身が国際結婚(アメリカ人と結婚)をしているから目につくということもあるかもしれませんが・・・。  これまた、全米の国際結婚カップルを調査して歩くわけにはいかないので私が今まで付き合って...

アメリカ人夫は14丁を保有するガンマニア。世界滅亡に備えています

アメリカ人夫は14丁を保有するガンマニア。世界滅亡に備えています

   結婚25年。未だに理解し合えないこと、それは銃の所持。米国人の夫とアメリカに住み早25年。習慣や考え方・価値観の違いに驚き、戸惑いながらも、「郷に入ったら郷に従え」という先人の教えに従い、どうにかやり過ごしてきました。でも、ひとつだけ、どうしても理解し合えない事があります。それは「自分の身は自分で守れ。...

Return Top