広告

ニュージーランド人はなんでいつも裸足なの?

ニュージーランド人はなんでいつも裸足なの?

   もし海外で生活をするとしたら、「いやーちょっと自分には無理」って思い浮かぶ点はありますか? 食や文化の違い、英語が分からないなど色々あるかと思います。  私が実際ニュージーランドでどうしても理解できなかったのは、彼らの裸足生活でした。もちろん全員ではありませんが、裸足率が多い! ●裸足生活って夏なら普通...

アメリカのトランスジェンダーの現状。娘婿の父親はトランスジェンダー

アメリカのトランスジェンダーの現状。娘婿の父親はトランスジェンダー

  法で守られたLGBT(レズやゲイなど)に優しい国アメリカ  自由な国、多様性を重んじる国、個人を尊重する国、それが私にとってのアメリカのイメージ。強いていえば、既成の概念にとらわれず何でもありの国がアメリカです。ですから、レズビアンやゲイ・カップルが手をつないで町を歩いていても、誰も気に留めないでしょう。...

オーストラリアの日系企業にいる日本人は偽物であるという衝撃

オーストラリアの日系企業にいる日本人は偽物であるという衝撃

 オーストラリアの日系企業には日本人が多く働いています。しかし、中身(心)は既に日本人ではありませんでした。日本人の偽物?とさえ思いました。その衝撃に関して記事を書いていきます。 オーストラリアの働き方  南国の楽園オーストラリアで働く多くの人は、人生は楽しんでなんぼと思っています。毎日、仕事が終わった瞬間、1分も残業...

日本とトルコの憲法改正に関する姿勢の違い。原因はマスコミ?

日本とトルコの憲法改正に関する姿勢の違い。原因はマスコミ?

   トルコが2017年4月16日に憲法改正を問う国民投票を行いましたが、結果は賛成が過半数を超えました。この憲法改正は大統領に対する権力を集中させるためですが、少なくてもトルコ人はそれに賛成したわけです。トルコがシリアのようなメチャメチャな状況になるんじゃないかという時に国民はYESという判断をしたわけです...

パラグアイで交通事故を起こしました。警察は適当、任意保険も出ない

パラグアイで交通事故を起こしました。警察は適当、任意保険も出ない

   海外旅行で海外に出かけるのと、実際に海外に移住して生活するのでは全然違います。  海外旅行では、その国の良いところばかり目に飛び込んできますが、そこに根を下ろして生活してみると、日本との差がはっきりとイヤでも分かってきます。  今回、パラグアイで交通事故を起こした場合の警察の対応、任意保険のいい加減さ、...

オーストラリアのドラッグ事情。レゲエフェスティバルでの出来事

オーストラリアのドラッグ事情。レゲエフェスティバルでの出来事

  楽しいことが大好きな人たち  雄大な自然と広い大地、そのおかげかオーストラリア人は、他の欧米諸国の欧米人よりもおっとり・陽気だと言われます。  移民が多いこの国では、オーストラリアで生まれ育った人でなくても、オーストラリアに惹かれここに長く住む人たちは皆、勤勉に働くことよりも、楽しく人生を過ごしたいと思っ...

タイ人男性の浮気事情。タイ人女性が男性の浮気を許す理由とは

タイ人男性の浮気事情。タイ人女性が男性の浮気を許す理由とは

   私が住むタイは、とても温暖な気候のせいか本当にのんびりそして、何でもマイペンライ(タイ語で大丈夫と言う意味)な毎日を過ごしています。日本でもよく「大丈夫!大丈夫!」と言う人がいますが、そんなイメージがタイです。  さて、最近日本では、芸能人の不倫、浮気報道がたくさん報道されていますが、今回は、私の住んで...

タイの交通事故死は世界で第2位。その理由とは

タイの交通事故死は世界で第2位。その理由とは

  タイは世界2位の交通事故の死者数  2015年のWHOの発表では、タイは人口10万人あたりの交通事故の死亡者数は世界で第2位。人口10万人中36.2人の死亡率で、1位のリビアの73.4人に続く高さだ。ちなみに日本は10万人中4.7人。 東南アジアの各国では、 ベトナム10万人中24.5人 マレーシア10万...

なぜタイでは価格がついていない店が多いのか。その謎に迫る

なぜタイでは価格がついていない店が多いのか。その謎に迫る

   海外旅行でのショッピングはとても楽しいものですよね。自分用に、お土産用に、と色々な店を回る方も多いのではないでしょうか。そんな中で、特にアジアで価格がついていないお店に遭遇したことはありませんか?よくあるのは露天や市場でしょう。そのようなお店はガイドブックにも、「値段の交渉をしましょう」と載っているので...

ハワイで国際結婚するまで。きっかけは強制送還

ハワイで国際結婚するまで。きっかけは強制送還

   実はハワイにもともと興味がなかった私(当時27歳女性)は、一回も行ったことはありませんでした。一度日本を出て生活してみたいという漠然とした希望が子供の頃からあった私は、仕事を海外で探し、スカイプで面接をした第1社目で即採用が運良く決まり、たまたまその会社がハワイでした。  ビザの関係で1年半という契約で...

Return Top