Read Article

広告

ドイツのスーパーは不思議。魚は売っていないが、お寿司は売っている

ドイツのスーパーは不思議。魚は売っていないが、お寿司は売っている

 

 生きる上で最も大切のことの1つである食事。海外で生活するうえで、日本のようにしっかりとバランスの摂れた食事を摂ることができるかどうか気になりますよね。

 今回はドイツのスーパー事情についてご紹介します。ドイツにはREWE、Netto、ALDI、EKEKAなどのスーパーがありますが、今回はREWEに焦点を当ててみていきたいと思います。ドイツに暮らしてみたい方、ドイツに興味がある方はぜひご覧ください。

広告

量り売りの肉・チーズコーナー

 ドイツのスーパーで最も印象的といってもいいお肉・チーズ量り売りのコーナー。スーパーのかなりの部分を占めています。100グラム当たりの値段が表示されていて、必要な分だけ店員さんに頼んで買うことができます。

 日本のスーパーでは量り売りよりもパックに入っているお肉の方が多いですが、ドイツでは量り売りがほとんどです。日本でも個人商店の精肉屋さんは量り売りですが、これと同じです。日本でチーズの量り売りは見たことないですが、そもそもチーズの需要が欧州ほどではないので、仕方がないですね。

 写真からも分かるように、お肉やチーズの種類はとにかく豊富です。初めて買う時は少し緊張しますが、慣れてくればとっても便利なシステムです。値段は様々ですが、安くて美味しいものがたくさんあります。ドイツに来たら一度は利用してみたいコーナーですね。

パンコーナー

 ドイツのパンには日本のパンと大きく異なる特徴があります。それは、かなりシンプルだということ。日本のパンコーナーには、フルーツやクリームがのった甘い菓子パンや、サラダや焼きそばなどが挟まったお惣菜パンが並んでいますよね。

 一方ドイツのパンコーナーは、何にも挟まっていないシンプルなパンがずらり。甘いパンとしてはドーナツが少し置いてあるくらいです。

 壁一面に並ぶ黒いパンは、歯ごたえがありフランスパンのような硬さです。500グラム入って約0.60ユーロ(約80円)といったかなりお手頃価格なものもあるため、一人暮らしにはとてもありがたいコーナーです。

乳製品コーナー

 乳製品好きにはたまらないのがこのコーナー。ヨーグルトにミルク、ムースのようなデザート、そして量り売りとは別のチーズも売られています。

 とにかくたくさんあって、どれも美味しそう。Ja!という食品メーカ―の乳製品は、安くて満足できるのでお勧めです。

お菓子コーナー

 もう一つ、ドイツのスーパーでチェックすべきなのがお菓子コーナーです。日本だと煎餅がたくさん並んでいますが、ドイツでは煎餅に代わって大量のチョコレート。実は、ドイツはスイスやベルギーと並ぶチョコレート大国なんです。

 特に有名なのがこのRitter Sport。1つ108円という値段で売られています。カラフルなパッケージに特徴があり、駅の階段に落書きで描かれていることもあります。またドイツ原産のHARIBOは、1袋95ユーロ(約125円)という破格で買うことができます。これは日本の約1/2の値段です。

日本のスーパーにあってドイツのスーパーにないもの

〇魚コーナー
 ドイツのスーパーに全く魚がないというわけではありませんが、高額の種類のもの、そして少量の缶詰がポツポツというくらい。日本のように種類豊富なお刺身や、焼き魚用のパックが並ぶことはありません。

 そのため、お魚を食べたいときは勇気を出して高い商品を買うか、街の日本食レストランに行って食べるかという形になります。

〇お惣菜コーナー
 もう一つドイツにないのが唐揚げとてんぷらなどのお惣菜コーナー。日本だと料理を作るのが面倒な時にパパっと買えますが、ドイツではそれができません。その分冷凍食品コーナーにピザやポテト、カツのようなものが売っていますが、日本に売っているようなお惣菜が食べられないのは結構残念です。

ドイツのスーパーで見つけた「面白い!」

〇お寿司が常備されている

 ドイツの多くのスーパーの店頭で売っているのがなんとお寿司。ドイツ人はお寿司が大好きで、常に置かれています。さらに注目すべきなのは、商品名が日本人の名前であるという点。「(人の名前)〇〇円」というように売られています。面白いですよね。

〇Milch Reis(ミルヒライス)というお米のようなデザート

 ドイツのスーパーにもお米は売っているのですが、目に留まるのがMilch Reis。どうやらドイツでは、お米を煮て、その上にカスタードクリームのような甘いミルクをかけて食べる食品で、乳製品コーナーに普通にカップ入りのMilch Reisが置かれていたりします。

 初めて目にしたときは少し驚きましたが、食べてみると意外とおいしく、また食べてみたいと思うくらいでした。お米かと聞かれるとYesとは言えませんが、デザートとしてはお勧めです。

 このように日本と異なる点はありますが、生活するうえで必要な食品は十分そろっているため、安心してお買い物をすることができます。お魚やお惣菜がないのは残念ですが、安くて美味しい乳製品やお肉、パンがあるのは嬉しいです。ドイツに来たらぜひ、スーパーの中を覗いてみてください。

[参考記事]
「グアムのスーパーマーケットの特徴を紹介。辛い商品が多い」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top
Warning: getimagesize(/home/a11926240/discoveworld.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/a11926240/discoveworld.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958