広告

イタリア人男性と知り合って出産するが結婚してくれない

イタリア人男性と知り合って出産するが結婚してくれない

   イタリアに来て早5年が経とうとしています。この5年の間に本当に沢山の人生のイベントを経験しました。25歳の時に一年間の語学留学で訪れたイタリアで、友人に紹介してもらい知り合った4つ年上の今の彼。彼はイタリア人男性らしくなくて逆に物凄く静かな日本人のようです。そんなギャップに一目惚れをし交際がスタート! 彼との子供...

台湾人男性とのスピード結婚。出会いから結婚までの経緯

台湾人男性とのスピード結婚。出会いから結婚までの経緯

   台湾人男性と結婚をし、2017年4月から台湾で暮らしている日本人妻です。台湾人男性との結婚といえば、卓球の福原愛さんのおかげで以前より身近に感じることができるのではないでしょうか?嬉しい限りです。さて、福原選手たちは卓球を通じて知り合い、結婚をしていますが、私たちはどうやって出会い、結婚をしたのかを紹介...

台湾の男女はどうやって出会って結婚しているのか

台湾の男女はどうやって出会って結婚しているのか

   先日、日本への就職を考えている台湾人の友人から聞いた台湾での出会いの場について紹介したいと思います。  日本で男女が出会う場となると、職場や学生時代からの付き合いや、合コン、ナンパ、婚活イベント、あとは親戚などからの紹介、がありますよね。  さて、台湾で出会いを求める際、台湾には合コンという概念はありま...

中国の上海女性が求める5つの結婚条件。日本人男性もビックリ

中国の上海女性が求める5つの結婚条件。日本人男性もビックリ

   元々、日本でウエディングプランナーをしていました。その後、中国の上海へ転勤となり現地のウエディングを担当してきました。数多くの現地上海の結婚式を担当してきた中で一番驚いたのは上海女性が求める男性の条件です。その結婚相手の条件を日本人男性に提示したとすれば、間違いなく該当する人は一握りだと思います。そのぐ...

20年後の日本人の若い女性の多くは中国人と結婚している現実

20年後の日本人の若い女性の多くは中国人と結婚している現実

  北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込もうとしている今、私たち日本人は何が出来るのか。 結論から言うと「何も出来ません」。 ですので、日本のテレビで放送されているのは「いかに逃げるべきか」です。 北朝鮮から東京までは7分でミサイルが届くと言われていますが、その間に地下鉄などの地下に逃げ込め、サリンが降ってきたら水...

私が体験した韓国の伝統的な結婚儀式「幣帛(ペペク)」

私が体験した韓国の伝統的な結婚儀式「幣帛(ペペク)」

  韓国の結婚式は三段階に分かれており、挙式→ペペク→披露宴という流れで執り行われます。 日韓遠距離恋愛を乗り越え韓国に嫁いだ私は、嫁として親戚への初めての挨拶の意味を込めたこのペペクの儀式がとても楽しく、特に印象に残っています。 血縁関係を重んじる韓国では、結婚を家と家の結びつきと考えるため、ペペクは新婦が...

欧米人には理解出来ない日本人の3つの結婚観

欧米人には理解出来ない日本人の3つの結婚観

  小さい頃から見てきた両親の背中、また「世間の常識」から作り上げられる結婚観。 国が変われば生活習慣や価値観が異なるのは当然だが、そんな中でも特に「日本人の結婚観」は欧米人にとって理解できないことが多いようだ。 今日はその中から3つをピックアップして取り上げたいと思う。 ■婚活 2000年に入り婚活ブームが...

韓国での結婚準備は新郎側が家、新婦側が家具一式を用意

韓国での結婚準備は新郎側が家、新婦側が家具一式を用意

  チョンセという韓国独自の賃貸制度 韓国で結婚する際、新郎側→家、新婦側→家具一式を用意するという決まりがあります。 まず、新郎側の家の用意ですが、韓国の家賃形態は少し特殊です。 入居前にチョンセという保証金を払い、月々の家賃は無料か数万円のみで、退去時に保証金が全額返金されます。 なぜ、無料で提供できるの...

中国の結婚式は適当に始まり適当に終わる

中国の結婚式は適当に始まり適当に終わる

  それぞれのお国柄で違いが表れる風習。 日本国内においても、多くの地域で風習に違いがあるものです。 特に冠婚葬祭は、歴史と文化、宗教や価値観など、様々な地域で、方法やしきたりに違いがありますよね。 お隣の国である中国は、広大な面積があり、民族も多く、悠久の歴史のある国ですから、冠婚葬祭に関しても一口では語れ...

韓国人と結婚した日本人女性の現実。日韓問題が夫婦生活に影響?

韓国人と結婚した日本人女性の現実。日韓問題が夫婦生活に影響?

   2012年の春、私(日本人女性)は結婚して韓国に来ました。儒教の教えによる「年上を敬う、年上の立場が強い」という文化が残っている上、田舎のしきたりが強い家に嫁ぎました。  結婚前から韓国留学の経験があり、韓国語はある程度は話せていたので、生活での言葉の不都合はそんなにはありませんでした。しかし、ここは韓...

Return Top