広告

国際結婚する日本人女性はブスが多いって本当?国際結婚した私が解説

国際結婚する日本人女性はブスが多いって本当?国際結婚した私が解説

   このお題、さすがに面と向かって言う人には会ったことがないのですがネットで非常によく目にする質問というか話題なのです。私自身が国際結婚(アメリカ人と結婚)をしているから目につくということもあるかもしれませんが・・・。  これまた、全米の国際結婚カップルを調査して歩くわけにはいかないので私が今まで付き合って...

アメリカ人夫は14丁を保有するガンマニア。世界滅亡に備えています

アメリカ人夫は14丁を保有するガンマニア。世界滅亡に備えています

   結婚25年。未だに理解し合えないこと、それは銃の所持。米国人の夫とアメリカに住み早25年。習慣や考え方・価値観の違いに驚き、戸惑いながらも、「郷に入ったら郷に従え」という先人の教えに従い、どうにかやり過ごしてきました。でも、ひとつだけ、どうしても理解し合えない事があります。それは「自分の身は自分で守れ。...

オリンピックで黒人のアメリカ人スイマーを見ない理由

オリンピックで黒人のアメリカ人スイマーを見ない理由

   私は現在42歳。約20年ほど前、現実は「不自由の国アメリカ」に約1年滞在していた。今でも一般的にであるが、「アメリカ」と言うと華やかな一面が取り出されるケースが多い。  確かに華やかである部分も他国に比べ沢山あるのが正直な所。「ファッション」「エンタメ」「スポーツ」などの業界はとても華やかであり、超一流...

担任の先生もクラスメイトもリクエストできるアメリカの小学校

担任の先生もクラスメイトもリクエストできるアメリカの小学校

  知る人ぞ知る子供の担任リクエスト制度  我が子の担任に、好きな先生をリクエスト出来たらしてみたいですか?  最初にお断りしておきますが、アメリカは州によっても、また同じ市内でも学校区によって学校の様子も多少違ってきます。私が我が子を通して経験したのは2州3市、計6校の小学校ですので、他の小学校ではまた違っ...

2017年のアメリカのハロウィンの様子。創造力あふれるコスチューム

2017年のアメリカのハロウィンの様子。創造力あふれるコスチューム

  アメリカのハロウィン  毎年10月31日は子供も大人も楽しみにしているハロウィンです。ハロウィンの基本といえば、子供たちが仮装して近所の家々をまわりお菓子をもらうというものですが、せっかく用意したコスチュームをその夜数時間だけ着るのはもったいないということで、31日の前の週末は各所でハロウィンパーティーな...

お隣のドラッグ常習者が我が家のWiFiを不正利用してポルノを購入(笑)

お隣のドラッグ常習者が我が家のWiFiを不正利用してポルノを購入(笑)

   2003年の初夏のことです。  夫が大学院を卒業し、いよいよ就職するということになり(アメリカでは既婚でも子持ちでも社会人でも大学院へ行くのは普通です)、西海岸のとある街に引っ越すことになったのですが、当時は不動産バブル崩壊の数年前で、住宅価格がまだまだ上昇している最中。  一軒家となると古くて小さな家...

学校への寄付が当たり前のアメリカ。どんな方法で寄付を集めるのか

学校への寄付が当たり前のアメリカ。どんな方法で寄付を集めるのか

 アメリカは「寄付」が非常に広く当たり前に行われている社会です。どこにどんな寄付のシステムがあるか書いていくと長くなりすぎてしまうので、今回は学校での寄付=資金集め(ファンドレイジング)について書きたいと思います。ファンドレイジングは「寄付の一種」ですが、純粋にお金だけを寄付するものではない面もあります。  日本では公...

スーパーマーケットで会計前の商品を食べちゃうアメリカ人

スーパーマーケットで会計前の商品を食べちゃうアメリカ人

  ・子どもが勝手に商品を食べてしまう!?  アメリカのスーパーマーケットというのは本当にいろいろな人種の人が利用するので、今までの人生で一度も出会ったことの無い人に会ってビックリすることも多いです。  アメリカのスーパーマーケット(オーガニック商品等も置いてある割とセレブな感じのスーパーマーケット)で買い物...

日本とアメリカの感覚の違い。露出度、歯並び、体型、好きな色

日本とアメリカの感覚の違い。露出度、歯並び、体型、好きな色

   アメリカに住んでいると日々、小さなことから大きなことまで様々な感覚の違いというものを感じます。その中で今日は私が今までに気づいた見かけの良し悪しについての日米の感覚の違いを挙げていきたいと思います。 感覚の違い①色の好み  まず、子供時代ですが日本では女の子の色といえば赤・ピンク・オレンジなどが筆頭に挙...

アメリカの離婚・再婚事情。元の奥さんと現在の奥さんがとても仲良し

アメリカの離婚・再婚事情。元の奥さんと現在の奥さんがとても仲良し

   アメリカの離婚率は50%以上になると言われていますが、そんな事実を実感するのが、子供が小学校に上がったくらいから。私の子供がクラスメートのことを話す、会話の端々でそれが分かるのです。 「アシュリーちゃんは今週はパパのところで誕生日パーティーをして、来週はママのところでパーティーをするんだって」 「ブラン...

Return Top