広告

イタリアのポルトグロアーロはディーズニーシーのような街

イタリアのポルトグロアーロはディーズニーシーのような街

   ヴェネツィア・テッツセラ空港に降り立ち、そこから空港のリムジンバスで一時間半の距離に位置するポルトグロアーロという街。列車で一時間の距離には、ヴェネツィアの街があります。ヴェネツィアは水の都と言われるだけのことはありとても素敵な街だったのですが、観光客が多すぎてゆっくりすることができませんでした。また、...

看護師が看護してくれない中国の病院事情

看護師が看護してくれない中国の病院事情

  海外に出かけると、様々な事柄が日本とは違う事に気がつくと思います。お仕事や観光で海外の国を訪れると、目に見える風景や人々の暮らし方から、日本との差異が目の前に飛び込んで来ます。しかし、その国の基本的な生活事情という事柄は、駐在して生活しない限り見えては来ないものです。中国に家族で駐在していた筆者が最も差異...

オーストラリアのシェアハウスの特徴。敷金や礼金はあるの?

オーストラリアのシェアハウスの特徴。敷金や礼金はあるの?

  ワーキングホリデー、語学留学に選ばれることが多いオーストラリア。 旅行ならホテルに泊まれば全て揃っていますが、長期滞在ともなるとそうはいきません。 多くの方が部屋を借りて滞在することになります。 最初はホームステイで後にシェアハウスへ引っ越すという方もいますが、シェアハウスってどんな感じなのだろうと不安な...

台湾在住日本人が使うデパート、スーパーマーケット、伝統市場

台湾在住日本人が使うデパート、スーパーマーケット、伝統市場

  海外で生活をするとまず問題になるのが食品です。 食が満たされないと、現地に住み続けることは不可能ですし、健康に暮らせないですよね。 今回は実際に台湾人や台湾在住日本人が利用しているデパート、スーパーマーケット、伝統市場に焦点をあてて紹介します。 その1、高級デパートを使う 台湾にはSOGOをはじめ、三越、...

オーストラリアのスーパーマーケット事情。カンガルー肉も買える

オーストラリアのスーパーマーケット事情。カンガルー肉も買える

  各国の食事情が一発でわかってしまうスーパー。 旅行先で訪れると楽しいですよね。 今回は日本と違う、オーストラリア(シドニー)のスーパーマーケット事情をご紹介します。 オーストラリアで大手のスーパーはColes(コールス)とWoolworth(ウールワース)の二つ。 歩いていると大体二つのうちどちらかのスー...

オーストラリアのトイレ事情。便座が付いていないのが当然?

オーストラリアのトイレ事情。便座が付いていないのが当然?

  日本に和式トイレがあるように、トイレの特徴は各国様々。 知っておかないと初めて利用する時に戸惑ってしまう、なんてことが起こり得ます。 オーストラリアは日本のトイレとはまた少し異なります。 オーストラリアのトイレの標識は? 流すボタンって違うの? そもそもオーストラリアのトイレって綺麗? 今回は、そんな疑問...

20年後の日本人の若い女性の多くは中国人と結婚している現実

20年後の日本人の若い女性の多くは中国人と結婚している現実

  北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込もうとしている今、私たち日本人は何が出来るのか。 結論から言うと「何も出来ません」。 ですので、日本のテレビで放送されているのは「いかに逃げるべきか」です。 北朝鮮から東京までは7分でミサイルが届くと言われていますが、その間に地下鉄などの地下に逃げ込め、サリンが降ってきたら水...

飛行機を近くで見られるグアムでの待機スポットと時間帯を紹介

飛行機を近くで見られるグアムでの待機スポットと時間帯を紹介

  ■アメリカの一日が始まる場所 グアム島 グアム島は、日本から一番近いアメリカ、常夏の島グアム。 白い砂浜と透き通った青い海に引き寄せられて、毎日多くの観光客がやってきます。 グアム島は淡路島より少し小さい島です。 その島の真ん中にドカンと飛行場があり、大きな滑走路が作られています。 この島は観光業で成り立...

日本企業と欧米企業での働き方には大きな違いがある

日本企業と欧米企業での働き方には大きな違いがある

  国際結婚を機にEU圏内へ移り住んだ筆者。 移り住んだ土地でなんとか見つけた就職先は、アメリカに本社を置く海外企業だった。 これまで日本でも様々な仕事を経験してきたが、やはり日本企業と欧米企業の働き方には大きな違いがある。 今日は職場で私が感じたいくつかの違いをまとめてみよう。 お客様は神様ではない 私が勤...

海外生活をして分かった「真の国際感覚」とは

海外生活をして分かった「真の国際感覚」とは

  日本でもグローバル化が進み、英語力を重視する職場や留学生を積極採用する企業が増えてきている。 しかし英語を話し、海外生活の経験があるというだけで果たして「真の国際感覚を身に着けた人」と言えるのだろうかと疑問に思うことがある。 私自身国際結婚を機にEU圏内へ移り住み、現地で生活するたくさんの日本人との出会い...

Return Top