Read Article

広告

ベトナムでの美容整形について。死亡することも

広告

ベトナムでの美容整形について。死亡することも

 

 近頃ベトナム人男女の間で人気があるのが美容整形です。一般的なベトナム人の顔立ちをイメージすると、まずパッチリとした大きな二重、小顔で鼻筋の通った綺麗な顔と勝手に思っていましたが、実際にベトナム人女性の友人に聞いてみるとそうでもないようです。

 最近では安価にプチ整形ができる多くの外資系のクリニック(例えば日系では湘南美容外科クリニック・ベトナム院、ROHTO AOHAL CLINICなど)が進出してきている為、ホーチミンなどの中心街にいる中間所得層から裕福なベトナム人女性たちの美容整形率は高いとのこと。

 最近ではベトナム国営テレビ(VTV)が放送するベトナム初の美容整形番組まであり、今後もますます美容整形市場は活発になると予想されます。

 そこで、ベトナムの美容整形に関して以下にまとめてみました。

美容整形することに対しポジティブ

 私の知り合いにも美容整形をしたベトナム人の友人がいますが、彼女達をはじめ多くの友人は美容整形することに後ろめたさやネガティブな感情はなく、むしろ綺麗になって自分に自信が持てるようになるならするべきだと肯定的な考えを持っている人が多いと思いました。

 長期休暇や人に会わないタイミングで行う人もいれば、週末や日々の生活の中で時間を見つけて美容整形をする人もいます。その為ある日突然、顔の印象が変わって反応に困ることや、まだ施術が完全に終わっていない状態でバンドエイドや傷跡が残っている人も普通に会社に出勤しています。

 さすがにマスクはしていますが、傷跡が見えているので痛々しいと思ってしまいます。鼻にまっすぐテープがしてあったり、瞼に紫の点線が見えていたりと、こちらからすると明らかに怪我ではない傷跡なので声もかけづらく、目も合わせにくい状況が少し続きます。

 ですが、彼女達はいつもと変わらず接してくれるので、美容整形をすることに恥ずかしさや隠したいという感情は無く、びっくりするほどオープンだなという印象です。

人気の美容整形の箇所

 では、彼女たちは実際にどんな美容整形をしているのでしょうか。美容整形の中でも特に人気の高い箇所は、鼻形成、二重整形、豊胸手術の3つです。私の友人も鼻形成と二重整形をしています。日本人にとっても大きな目や鼻筋の通った顔立ちに憧れるので、そこは国を問わず同じだなという印象です。

 ベトナム人女性にとって胸の大きさは特に重要で大きければ大きいほどモテると言われているそうです。ですので、小柄で細いベトナム人女性でも胸だけやたら大きく、また服装も体のラインが出やすい服を着ているので更に協調されます。

気になる費用について

 ベトナムの物価は日本の3分の1と言われているように、美容整形の費用も低価格なクリニックが多い印象です。例えば上記の湘南美容外科クリニック・ベトナム院では施術箇所によりますが日本で受けるよりも最大76,000円お得とホームページに記載されています。

 平均すると3‐5万円ほど安く受けられるようです。二重整形でいうと約94,000円、鼻形成は約116,000円(施術方法や個人差による価格変動はあります)ほどで受けられます。

 わざわざ、これくらいの価格差でベトナムまで美容整形に行くというのは交通費などを考えると現実的ではないです。ついでに観光をするのも手ですが、帰りの飛行機での気圧の変化で傷が開いてしまう危険もあるのでお勧めはしません。

安全面はどうか

 美容整形が注目されるにつれて、もちろんネガティブなニュースも散見します。最近ではホーチミン市内のバンハイン病院で豊胸手術を受けたベトナム人女性が術後10日目で容体が急変し死亡するニュースがありました。また、ホーチミン市内のベトタイン美容整形手術専門診療所で余剰皮膚施術を受けた米国人男性が死亡しています。

 いずれもローカル病院での例ですが、中には無免許で手術を行っている病院もあるそうなので、注意が必要です。ベトナム人からすると低価で簡単に行いたいと思う人が多いので、危険を顧みずローカルに頼る人も多いそうです。

まとめ

 ベトナム経済の発展に伴い、ベトナム人の美に対する意識は今後ますます加速していくと予想されます。ベトナム人美男美女が増加していきそうな勢いですが、個人的な意見としてはまず彼女達が将来その美貌を保つ為に手術を繰り返さないといけないマイナス面や、最悪の場合死に至る可能性もある危険性などをもっと知るべきだと思いました。

 余計なお世話ですが、一度始めると後には戻れないですし、更に他の箇所も気になりだしてある意味中毒性があるリスクをもっと認知させるべきだと思います。

[参考記事]
「日本人がベトナム人と結婚する際の手続きと注意点」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top