Read Article

広告

オリンピックで黒人のアメリカ人スイマーを見ない理由

オリンピックで黒人のアメリカ人スイマーを見ない理由

 

 私は現在42歳。約20年ほど前、現実は「不自由の国アメリカ」に約1年滞在していた。今でも一般的にであるが、「アメリカ」と言うと華やかな一面が取り出されるケースが多い。

 確かに華やかである部分も他国に比べ沢山あるのが正直な所。「ファッション」「エンタメ」「スポーツ」などの業界はとても華やかであり、超一流の人間の集まりである。

 アメリカという国は野球のメジャーリーグだけがメジャーでは無い。殆どの業種に世界各国からメジャーな人間が集まっている、それがアメリカだ。

 何故そうなのだろうと考えるとアメリカは現大統領トランプが嫌う移民国家であり(彼は白人至上主義者だけどね!)、世界中から今もアメリカンドリームを手にいれようと才能のある人間が集まる土台が出来上がっている。そうなると、超富裕層が様々な業種に投資する金額の桁が、日本とは比較にならない位莫大になるのだ。これはアメリカという国が培ってきた歴史からであろう。

 そのような現実はとても魅力的であるのは間違い無い事であるが、アメリカの闇の部分も多々あり、それは物凄く深い。

 その1つが人種差別。

 丁度この間アメリカの野球のワールドシリーズで、ダルビッシュ投手が差別的な行動を相手チームの選手から取られニュースとなっていたが、そんなの当たり前でござんすよ!イチロー選手でさえアイスクリームやゴミを球場で投げつけられた事がある位。
(まともに当った事もあるみたいですね。)

 有色人種なんて人間じゃねーよ!なんて思っているアメリカ人がやたら多いのは日本人の想像以上だろう。

 これは自分も経験があるので言える事。白人に冷やかされる事が多かったり、上から目線で見られたり、単純に馬鹿にされたり。もちろんそうじゃない人たちも居るが、どちらかというと白人至上主義の国。至上主義とはいかないでも白人の国というのは、間違いない。

 また行く場所により、差別のレベルが違う事にも驚かされる。どちらかと言うと西海岸の方が有色人種の移民が多く、日本人も暮らしやすい。西海岸の白人の方が有色人種に対しても比較的オープンだ。

 それとは対照的に南部の田舎街や中西部、東海岸の州は差別レベルがアップするので、今後訪れる機会がある方は気を付けてくださいね!空港に着いて、日本人が窃盗のターゲットになるなんて当然の当然。(笑)

広告

黒人のスイマーってオリンピックで見た事あ~る?

 で、我々黄色人種がアメリカで暮らすのも辛いが、黒人を敵視する白人が多いのも現実。

 今や一昔前よりスポーツ、エンタメなどの分野で活躍する黒人は沢山いらっしゃいますが、あれ?そういえば黒人のスイマーってオリンピックで見た事あ~る?これ無いんですよね。何故でしょう。

 そこには黒人に対する人種差別から来る深い闇が未だにアメリカに根付いているからというのが現実なのです(今回はアメリカについてのレポートですので、ヨーロッパの事情は解りかねます)。

 まだアメリカに奴隷制があった時代、白人たちは黒人が川に入る事さえ許さなかった。奴隷に川に入られて、逃げられたら大変な時代背景だったので、奴隷に逃げられない様にする為の措置であった。その後アメリカ全土に市民プールが作られた時代でも、白人は黒人がプールに入る事を許さなかった。プールに入った黒人は当時ボコボコにされたり、場合によっては死者が出る事もあった。時代は1920年頃の話である。

 その後も黒人で初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされたドロシーダンドリッジでさえ、最高級ホテルのプールには入れなかった。黒人のセレブでさえも。

 60年代に入り人種差別撤廃の公民権運動が盛んになり、白人オーナーが自己所有のプールに運動家達を招待し、プールに招いたが塩酸などを黒人が入っているプールに大量に入れまくった。

 時が経ち、現在は表上、市民プールでの黒人差別は表面上なくなりはしたが、今現在のアメリカでも黒人の7割は泳げない現実である。白人達にいじめられるのが怖くて入れないのだ。

 ただ今までに1人だけアフリカ系アメリカ人の(あくまでもアフリカ系)カレンジョーンズだけが、2008年の北京オリンピックで金メダル、2012年のロンドンオリンピックでも銀メダルを受賞している。

 アメリカでは「黒人は泳げない!」と今も馬鹿にされるのは変わらない。それは黒人を嫌悪する白人の大人の教育とアメリカの歴史からであろう。

 アメリカの有色人種に対する差別というものは表面上は変わったが、本質は今現在でも変わっていない。

[参考記事]
「ハワイでは白人が人種差別を受けている。その理由は」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top