Read Article

広告

ニュージーランドのキャンプ場施設の特徴を解説

広告

ニュージーランドのキャンプ場施設の特徴を解説

 

近年、地方の都市開発が進んでいるニュージーランドですが、少し町から外れると羊を見ることができるほど、まだまだ自然がたくさん残っています。
トレッキングコースや、キャンプ場の設備が充実しているので、アウトドア好きの方におすすめです。

■ホリデーパークとは

民間が運営するキャンプ場です。
キャンピングカー、テント、一般乗用車でも可能な宿泊施設です。
海や湖のほとりや森の中等、自然を感じられる場所にあります。

■宿泊施設の種類

●パワーサイト(電源のある停車場)
キャンピングカーの中の電化製品を使用するために、電源が提供されています。
バッテリーの充電もできます。
駐車場のように仕切られていて、キャンピングカーはそこに駐車し寝泊りします。
●ノンパワーサイト(電源のない停車場)
電源がいらない一般乗用車が駐車し、寝泊りする場所です。
パワーサイトのように仕切られておらず、芝生の上に自由に停める場合もあります。
ワゴンカーのリアシート部分を倒し、エアベットや寝袋で車中泊をします。
中には1BOXカーの後ろの部分を改造し、簡易コンロを置ける棚や食料棚があり、そこで調理している車をたまに見かけます。

●テントサイト
テントやアウトドアグッズをお持ちの方は、テントが立てれる専用スペースがあります。
夏でも夜中や明け方は寒いので、寝袋が必要となります。
ニュージーランドでは、アウトドアグッズのショップが充実しており、気温の低い場所でも対応できる質の良い寝袋も販売しています。

●キャビン(小屋)

ベットやテーブルと椅子がある小屋のような宿泊施設です。
キッチンやシャワー・トイレは共同施設を利用します。
専用の洗剤や食器用スポンジ、お皿やタオルが用意されてる場所もあります。

●キッチンキャビン
キャビン(小屋)にキッチンが付いている宿泊施設です。
共同キッチンを使う必要がないので、部屋で自由に料理しながらお酒を飲み、すぐに寝れるというプライベートの空間を楽しみたい方にオススメです。

●モーテル
日本でいうホテルのような場所です。
キッチンキャビンより広く、シャワートイレも付いています。

他の宿泊者との交流を避けたい方は、モーテルで気楽に過ごせます。

●バックパッカー用施設
同じ旅人とルームシェアして宿泊する施設です。
1部屋2人以上の部屋が複数あります。
キッチン、バス、トイレは建物内にあります。

■宿泊に必要な充実した設備

・キッチン
調理器具が一通り揃っている、宿泊者共有のキッチンです。
コンロもテーブルも数が多く、冷蔵庫、電子レンジ等の電化機器も充実しています。
冷蔵庫も共有して使用するので、ビニール袋に名前を書いて保管すると良いでしょう。
ダイニングにあるテレビで、皆でニュージーランドの国技のラグビーを観戦したり、他の宿泊者との交流の場にもなっています。

・BBQ用グリル
キャンプといえば、やはり屋外でのBBQです。
スーパーで厚切り肉が売っているので、豪快に焼いて自然の中で食べると、とても美味しいです。

場所によっては有料ですが、キッチンにコンロがあるので利用しなくても問題はありません。

・シャワー室&トイレ
宿泊者が使用できる共同施設です。
24時間使える場所が多いですが、必ず確認しましょう。

中にはボタンを押せば5分間お湯が出るタイプがあります。
再度ボタンを押せば、延長出来ます。

シャワーは基本は無料ですが、有料の場所もあります。

・コインランドリー(有料)
長期で旅をされる方には必要な、ランドリー施設もあります。
乾燥機もありますし、外に干す場所もあります。

・ダンプステーション:キャンピングカーの汚水を排水する場所&給水用の水道
キャンピングカーで旅をされる方には、専用の水道と処理場所があります。
飲み水用の水道もあるので、生活用水を確保できます。

・プレイグラウンド
お子さんがいる方は、遊具で遊べます。
海外ならではの日本では見たことのないトランポリンや、アスレチックのような遊具があります。

・娯楽施設
場所にもよりますが、プールや卓球台等の娯楽施設が完備されているところもあります。
また、ソファーが設置されたテレビルームがある場合もあります。

■実際に宿泊してみての感想

色んな国の人との交流が楽しかったです。
着いてすぐに湖のほとりのテーブルでまずはワインで乾杯していたら、ニュージーランド人の老夫婦が来て会話をしました。
日本にも行ったことがあるということで、盛り上がりました。

ダイニングで相席になったイギリス人&ドイツ人夫婦と、お互いの馴れ初めを話したりして楽しかったです。
また、屋外で食べているのにナイフとフォークを使うフランス一家がいました。
そういった興味深い光景も見ることができました。
ワーキングホリデーで長期滞在していた韓国人の夫婦は、2ヶ月もの間テント生活をし仕事もしていました。
テントから毎日出勤していたかと思うと、かなりタフですね。

同じくワーキングホリデーの友達は一人でバックパッカー用施設に入居し、先に入居していた人と初対面ですが3ヶ月住んでいました。
パワフルな方が多いですね。
自然の中に宿泊施設があるので、暗くなる前に早めに着くように出発するといいでしょう。

[参考記事]
「ニュージーランド在住日本人がよく行くスーパーとアジアンマート」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top