Read Article

広告

ボリビアのウユニ塩湖。標高3700mに位置する鏡張りの湖

広告

ボリビアのウユニ塩湖。標高3700mに位置する鏡張りの湖

 

「黄金の座に座る乞食」
なんとも滑稽な名で呼ばれる国ボリビア。

豊かな天然資源を持つにも関わらず、南米の最貧国でいつづけているため、そう呼ばれているとか。
経済面では劣るといわれるボリビアが、豊かな自然や文化、ゆっくりと流れる時間の中で人との交友を楽しめる、そんな国だ。
ボリビアと聞けば、思い浮かぶのはウユニ塩湖という方も少なくないだろう。
死ぬまでに一度は見たい絶景と評される場所、富士山より高いところに位置する巨大な塩の湖だ。
何故こんな所に塩湖ができたのかというと、約2万年前、地殻変動によりアンデス山脈が隆起した際、隆起する前は海の底にあった地帯一帯の塩分が盆地状に留まり、現在の塩湖を形作った、と言われる。
日本からアメリカを経由して約40時間、飛行機を乗り継ぎ、多大の時間とお金をかけて日本の裏側へ。
標高3700mに位置する鏡張りの湖、その神秘的な姿は、疲れを癒し、日常を忘れさせてくれるといっても過言ではないだろう。

今回は簡単に天空の湖に行く方法とその魅力をご紹介。

日本から飛行機でアメリカ経由でいく場合、最低でも2回の乗換えが必要となる。
南米の玄関口となるマイアミからボリビアのラパスを経由し、サンタクルス県にあるビルビル国際空港へ。
サンタクルスからオルロへはバスで約10時間、オルロから鉄道に乗り換えて約7時間後ウユニに到着。
塩湖で有名になったウユニは、とても小さい町だが、海外からの観光客が多い観光都市だ。
鉄道の駅周辺に簡易宿舎や小さなカフェ、食事処などが集中している。
素泊まりの安い宿も見つけやすく、深夜に着いても受け入れてくれるだろう。
ただ、観光地とはいえ、黄金の座に座る乞食だけあり、トイレやシャワーなどの十分な設備は望めない。
日本の北海道の冬くらいの気温で水のシャワーを浴び就寝するなど、日本では味わえない経験になる事は間違いない。
ただ、レストランなどではリャマ肉の料理も手ごろに楽しめる。

塩湖へのツアー会社も狭い範囲に立ち並ぶ。
気に入るツアーをチョイスすればよいだろう。
塩湖ツアーにも種類が幾つかあり、数時間のものから、丸3日駆けて塩湖とその先に広がるサボテンの島、緑色の湖、天然の温泉が楽しめるものまである。
3日間のコースは体力がある人なら楽しめるだろう。
そんな困難も旅にはつき物と考えて、旅程を進むと、絶景のスポットに辿りつける。
昼間の白い塩湖と青い空の見事なコントラスト、夜には遮る物の何もないぞくぞくするような満点の星空、新しく生まれ変われるように感じさせてくれる朝日の力強さ、言葉では言い表せない、写真には収められない絶景に出会える。


ここに来ると日本からの40時間を越える旅の工程も、この旅行に費やしたお金も、すべて価値があったと実感できるだろう。
気の遠くなるような年月を経て創られた地形、偉大な力を感じさせてくれる空間だ。
海を眺めた後は、高級ブティックでショッピングといったリゾートでの休暇もいいが、日本から遠く離れたボリビアで、気の遠くなるような年月を経て創られた地形、偉大な力を感じさせてくれる空間を味わい深いものだ。
自分という存在とじっくり向き合わせてくれる時間を持つことは、生涯の宝物になるだろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top