Read Article

広告

カナダでのチップの利率や払い方。チップ不要なお店とは

広告

カナダでのチップの利率や払い方。チップ不要なお店とは

 

【カナダにおけるチップの役割】

 カナダにおいて、チップはとても重要な役割を担っています。というのも、カナダでは、働いている人がチップを給料として得ているからです。日本ではほとんどのところが時給制を設けており、中には1時間に1000円以上お給料が貰えるところもありますよね。

 カナダでも時給制はありますが、チップが貰えることを前提に時給が設定してあるので、日本に比べると低く設定されています。レストランやカフェでは9$ほど、ホテル関係の仕事では10$ほどが時給の平均です。働く人々にとって、主な収入源がチップなわけですから、当然重要な役割を担っていると言えるでしょう。お客さんが全く来なかったとしたら、それに伴って収入が減ってしまいます。もしワーキングホリデーをするのなら、時給が高いことで有名なオーストラリア等がいいかもしれません。

【チップの率】

 チップは、自分が購入したものの値段によってその額が変わってきます。カナダにおけるチップの率は、15〜20%です。人によっては25%ほど払う人もいるようですが、その感覚は人それぞれなので、15〜20%払っておけば良いでしょう。

 以前は、私も20%ほどチップとして払っていたのですが、「学生はそこまで払わなくていいよ」とホストファミリーから教えてもらい、今は10〜15%ほど払っています。ですが、温かく接客してもらったり、サービスが良かったときはそれ以上払うようにしています。チップは、感謝の気持ちを表す1つの手段でもあるのですから。

【チップの払い方】

 「チップを払わなければいけないのは知っているけれど、払い方が分からない…」なんて方も少なくないのではないでしょうか。異国の地にいると、言葉が通じず不安に思うことがありますよね。カナダに来て焦ることのないように、今回はレストランでのチップの払い方について説明します。

①現金で支払う場合
 まずは伝票を貰って金額を確認しましょう。伝票に書いてある金額×チップの割合でチップの値段を計算します。例えば、金額が24ドルで15%払いたい場合、24×0.15=3.6となります。チップ分と食事代を一緒に払いたい時は、23+3.6=26.6ドルを店員さんに渡せば完了です。お釣りを貰いたい時は、お釣りを貰ってチップの3.6ドルをテーブルに置いておけば完了です。もちろん、細かいお金がない場合には繰り下げて、3ドル、繰り上げて4ドルを払っておけばいいです。

②クレジットカードで支払う場合
 現金の場合と同じようにまずは伝票を貰います。クレジットカードの場合、支払い方法が2つありますので、分けて紹介します。

⑴店員さんにカードと伝票を渡す方法
 まず、店員さんにお会計をしたいと伝えましょう。「Check, please.」と言えば伝票を持ってきてもらえます。そこで必ず価格や内容が正しく書かれているかどうか確認してください。確認したら伝票とカードを一緒に店員さんに渡します。

 少し待っているとカード用のレシートを2枚(お店用と自分用)渡されます。お店用のレシートに 「Tip 」と「Total」の欄がありますので、Tipの金額を記入し、食事代と合計した金額をTotalの欄に記入します。サインをして店員さんに渡すか、そのままテーブルの上に置いておけば支払いは完了です。

⑵機械を自分で操作する方法
 店員さんにカードを見せると、クレジットカード用の小さな機械を持ってきてくれます。カードをスキャンまたは差し込んで使用します。機械の指示通りにすればいいのでとても簡単です。カナダには英語話者とフランス語話者がいるので、どちらの言語を使用するかも選ぶことができます。

 この場合は、チップの金額を機械に入力してください。機械によって文面は異なりますが、ほとんどの場合$か%をのどちらかを選択して希望の金額を入力します。代金と一緒にチップ代が引き落とされる仕組みになっています。

 以上がチップの支払い方法です。

チップを払わないお店

 マクドナルドやKFCなどのファストフード店やスーパーではチップを支払う必要はありません。基本的に、並んで物を買う所ではチップは払いません。

 ホテルでは、荷物を運んでくれる人には1~3ドル、タクシーは料金の10~15%をチップとして支払います。この場合どうしても硬貨が必要になるので、ある程度硬貨を用意していくことをおすすめします。

 異国の地で言葉が通じないとなると焦ることも多いと思いますが、店員さんも観光客には慣れていますし、何よりも優しい方ばかりなので決して不安になる必要はありません。もし支払い方法が分からなければ、周りの人がどう支払っているのか観察してみるのも1つの方法です。せっかくの旅行ですから、チップも思い出の1つにしてくださいね。

【まとめ】

 今回は、カナダにおけるチップ制度について説明しました。日本には馴染みのないチップ制度ですが、カナダにおいて重要な役割を担う物です。サービスが悪いのに払いたくないと思うこともあるかもしれませんが、チップは文化の1つでもあるので、貴重な経験ができたと考えていただくと良いかと思います。

[参考記事]
「カナダ人はなぜ愛国心が強いのか。日本人の愛国心との比較」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top